こんばんは、Suica大好き、Suica滝川@マネテク!です。

先日、iPhone8に機種変更しました。
ちなみにこれまではiPhone6sを愛用していたので、Apple Payに対応したiPhoneはこれが初めてとなります。
というわけで、さっそくiPhone8にSuicaを導入してみました。

(過去記事)
・iPhone8が到着!開封の儀 | パソコンオタクになりたいw

これまではガラケーでモバイルSuicaを愛用

私の場合、これまでSuicaはガラケーにモバイルSuicaを登録して使っていました。
定期券もこのモバイルSuicaに入れていて、なかなかガラケーを解約できない1つの要因にもなっていたような気がします。

移行手順はシンプル

移行の手順自体はある意味非常にシンプルです。

ガラケーで機種変更手続きをする

移行元であるガラケー側でモバイルSuicaアプリを起動して、「会員メニュー」→(ログイン)→「携帯情報端末の機種変更」→「機種変更する」と進みます。
これで、ガラケー側ではSuicaが利用できない状態になりました。

iPhoneでSuicaを設定する

iPhone側では、App StoreでSuicaのアプリをダウンロードしてインストールします。

アプリを立ち上げたら、Suicaに登録してあるメールアドレスとパスワードでログインすると、先ほど機種変更設定をしたSuicaのデータがiPhoneに登録されます。

パスワード変更が必要なことも

なお、パスワードは英数混在にする必要があるため、もともと数字6桁のパスワードを設定していた私はパスワード変更を求められました。
まぁ、その後は基本touchIDになるのでパスワード自体を入力しないんですが…。
ただ、私の場合Moneytreeで取り込む際にパスワードが必要になりましたので、控えておくことをオススメします。
って、分からなくなっても再発行できますけどね。

画面の表示に沿って進めば完了

設定が終わると、自動的にiPhoneのWalletへのカード追加画面に切り替わりますので、画面の表示に沿って進めば完了です。
ぶっちゃけ、簡単です!

ふと浮かんだ疑問

ふと思ったんですけど、iPhoneX (10)の場合、Walletの支払い時にtouch IDを入力するようなケースではどうやって処理するんですかね?
Suicaの場合は、エクスプレス設定というものがあるようで、改札を通る時にいちいちtouch IDで指紋認証しなくても、iPhoneをかざすだけで改札を通過することができます。
一方、コンビニでiD払いをするような時は、単純にiPhoneをかざすだけではダメで、ホームボタンに指を乗せて指紋認証をする必要があります。
こういうケースではどうなるのだろうと思った次第です。

まとめ:iPhone+Suicaはめちゃくちゃ便利

というわけで、無事iPhoneでモバイルSuicaが使えるようになりましたが、めちゃくちゃ便利です!
iPhone8やiPhoneX(10)にiPhone7より前のiPhoneから機種変更した方は、絶対に便利なのでオススメです!

(参考リンク)
・Apple PayでのSuicaサービス:JR東日本

今日のマネテクポイント

これでいよいよガラケーを持っている理由がなくなりました。
au歴は、関西セルラーから通算すると20年以上ですが、そろそろお別れの時が近づいているような気がします。