こんばんは、ビットコイン大好き、ビットコイン滝川@マネテク!です。

少し前に、コインチェックに口座を作り、ビットコインを始めたことを記事にしましたが、その後ビットコインは順調に上昇を続けて、昨日は一時、1ビットコインあたり568,000円くらいまで上昇しました。
私が購入し始めた2週間ほど前は急上昇した後ではあったものの40万円台半ばでしたから、半月で1.5倍近くまで上がっているイメージです。

(過去記事)
・ビットコイン取引に必要な口座を開設するならコインチェックがオススメ | マネーテクニック!

下値を拾って順調に買い進める

で、肝心の私の運用成績はと言うと、一度にまとめて購入すると下がった時に悲しいので、その日の朝の相場からマイナス1万円、マイナス2万円、マイナス3万円、といった感じで指値を入れていました。
しばらくは1日の中でも乱高下するような展開だったので、わりと下値を拾えていい感じでした。

ここ数日は押し目なしも…

しかしここ最近は一本調子で上がっていくような相場展開だったので、全く押し目が拾えず、まさに「押し目買いに押し目なし」という投資の格言通りの状況で気をもんでいました。
と、昨日はずっと上がり続けていた相場が急遽反転し、本日未明にかけてもみ合いながらも下落、500,000円を目前にして反転、現在540,000前後、という状況です。
私の指値も、気がついたらレート500,000円で指値しておいた200,000円分以外は全て約定していました。

かなりの好成績

ここまでの約定履歴は以下の通りです。
平均単価が462,659円ということで、この記事を書いている今現在だと+12万円くらいということになります。

  レート BTC JPY 売買日時
450,001 0.074866285 33,689.90 2017/08/19 06:00:05
450,001 0.147359370 66,311.86 2017/08/19 06:00:05
440,000 0.113636350 49,999.99 2017/08/19 15:56:03
440,000 0.227272720 100,000.00 2017/08/21 22:26:29
430,000 0.232558140 100,000.00 2017/08/22 00:34:50
400,000 0.250000000 100,000.00 2017/08/22 13:57:22
470,000 0.106382970 50,000.00 2017/08/28 13:09:25
530,002 0.188678530 100,000.00 2017/09/02 14:49:57
510,000 0.196078430 100,000.00 2017/09/02 21:30:08
520,000 0.192307690 100,000.00 2017/09/02 23:36:32
合計 462,659 1.729140485 800,001.75  

ビットコインはいつまで上がるのか?

これだけ上がるとバブルが弾けて低迷するのではないか、と心配になりますが、長期的に見れば、ビットコインにはまだまだ上昇の余地があるように思います。
それは、今後利用の拡大が見込まれる一方で、流通量には上限があるからです。
利用価値が高まれば高まるほど、相場自体も上昇する、という単純な図式が成り立つと思っています。

1ビットコインが5,000万円になる

どこまで上がるかについては、根拠はありませんが、来年には1BTC=100万円を超えてくるのではないかと思っています。
その後、最終的には1BTC=5,000万円くらいまで上がる予定です(希望を含む(笑))。

とはいえ、これは全く非現実的な話ということでもなくて、例えばSnapchatの最初の投資家のジェレミー・リー氏とBlockchainのCEO兼共同創業者のピーター・スミス氏は以下のロジックで1BTC=50万ドルに達すると予測しています。

  1. 2017年、1ビットコインの価格は1000ドル。
  2. 2030年までにビットコインのユーザー数は今の61倍になる。「2030年にビットコイン価格が50万ドルに到達するには、中国の人口の4分の1(世界の人口の5%)のユーザー数が必要だ」と両氏はBusiness Insiderに語った。ビットコインのユーザー数は2013年の12万人から2017年には650万人になり、54倍に増加した。だが、これは始まりに過ぎない。現在の成長規模なら、ユーザー数は2030年に4億人に達する可能性がある。
  3. 1人が保有するビットコインの価値は2万5000ドルに到達する。「機関投資家やベテラン投資家の参入、ビットコインを利用した投資信託などにより、1人が保有するビットコインの価値は2万5000ドルに達すると予想している」と両氏。現在、ビットコインの時価総額は164億ドル、ユーザー数は650万。ユーザーの平均ビットコイン保有額は2515ドル相当となっている。
  4. 2030年、ビットコインの時価総額は、ビットコインの保有者の数とその平均保有額を掛け合わせた額で決まる。
  5. 2030年、ビットコイン供給量は約2000万ビットコインに達する。
  6. 2030年の1ビットコインの価格は50万ドル、ユーザー数は4億人に達する。この1ビットコインの価格は10兆ドルの時価総額を、ビットコイン供給数の2000万ビットコインで割った数字。

(参考リンク)
・2030年までに「1ビットコインの価格は50万ドルに達する」 | BUSINESS INSIDER JAPAN

さらに、スイスに拠点を置くウォレットサービスを提供している企業、Xapoのウェンセス・カサーレスCEOは5〜10年後(2022年〜2027年)に1BTC=100万ドルに達する、と予測しています。
根拠は不明ですが(笑)。

まとめ:まだアーリーアダプターの状況

マーケティングの世界で有名な「イノベーター理論」というものがあります。

(参考リンク)
・マーケティング用語集 イノベーター理論 – J-marketing.net produced by JMR生活総合研究所

この理論に照らし合わせると、現状はまだまだアーリーアダプターの段階だと思います。
周囲を見ても、どう考えても16%未満の人しかビットコインを持っていないからです。
そう考えると、今のうちにビットコインを買っておいて値上がり益を狙う、というのは理に適った戦略だと言えます。
もちろん、ビットコインが今後普及することを前提とすれば、ですが。

私がビットコインを取引しているのは、こちらのコインチェックという取引所です。
口座開設もスムーズですし、取引画面も使いやすいのでオススメです。
ぜひ今のうちに少しでもビットコインを購入しておくとよいと思います。

(参考リンク)
・簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck

1ビットコイン100万ドルになったら今の200倍ですから、10万円が2,000万円です。
夢のある話ですよね…。

今日のマネテクポイント

仕事の合間に、ビットコインのチャートを見るのがささやかな楽しみと化しています。
とはいえ、一時的に下がったとしても長期的に見れば上がるはず、ということで、穏やかな気持で持ち続けておきたいと思います。