(2007/9/20追記)

無料で入手できるEdyカードについて、以下の記事にまとめていますので、よろしければあわせてご覧下さい。
・Edyカード 無料入手まとめ

今回は、タイトル通り、無料でEdyカードを手に入れるテクニックを紹介します。

以前の記事に書いた通り、管理人はam/pmでEdyカードをゲットしました。その際カードを返却すれば戻ってはきますが、預託金として315円を支払っています。

以前の記事でも書きましたが、無料で手に入るEdyカードはクレジットカードがついているものがほとんどなので、いわゆるクレジットリスクが発生するため、そうそう何枚も発行するのは得策ではないと考えています(もちろん程度問題ではありますが)。

というわけで多少のコスト負担はやむなしと考えたのですが、無料で手に入るに越したことはありません。

前置きが長くなりましたが、探してみると、無料でEdyカードを手に入ることができます。ANAマイレージクラブの会員証がそれです。期間限定ではありますが、Edyつきのカードが無料発行されます(通常は500円の手数料が必要)。もちろんクレジットカードなしを選択して下さい。

また、既にANAマイレージクラブの会員証を持っている方は、Web上で簡単に切り替え手続きが可能です。実際に管理人も切り替え手続きをしましたが、クリックするだけというあまりの簡単さに拍子抜けするほどでした。

無料となる期間は2006年9月30日までとなっていますので、ぜひ申込/切り替え手続きをすることをオススメします。

☆今話題の人気ブログがわかります!
人気blogランキングに参加中。1日1クリックの応援お願いします!

関連リンク
ANA マイレージクラブ

関連記事
Edy
今、一番得するマイレージ
クレジットカードポイント稼ぎ
「楽天」をうまく使うテクニック


(money_tec)