こんばんは、ジョージ滝川です。

今回は、OMC Jiyu!da!カードを紹介したいと思います。
このOMC Jiyu!da!カード、結論から言うとなかなか使えるカードです。
持っていて損はないと思います。

OMCのJiyu!da!カード

さらに得するマイレージ情報をblogランキングでチェック


さっそくですが、OMC Jiyu!da!カードの特長は以下の通りです

1.毎月の支払額が自由に決められる!(月々払い)

要はリボ払いの支払上限額を設定できる、ということです。
カード限度額=支払額とすれば実質一括支払にすることも可能です。

2.毎月の支払方法も自由に決められる!

コンビニ払い、口座引落、好きな方を選べます。
コンビニ払いを売りにしているカードは珍しい、というか貴重ですね。

3.好きな時、好きなだけ自由に支払う!(よゆう払い)

余裕があるときには追加での支払ももちろん可能です。

4.ダイエー系列のスーパーで割引あり

これはOMCカード全般に言えることですが、ダイエー系列のスーパーで毎月第2、第4日曜は5%引きです。
ダイエー系列のスーパーが近くにある方は絶対に得だと思います。
これだけでもこのカードを持つ価値があります。
管理人の場合も買い物は日曜にまとめて、という感じなのでかなり魅力的です。

5.最短3営業日発送

カードの発行はかなり早いです。

6.ポイントが獲得できる

クレジットカード利用額税込200円ごとに1わくわくポイントを獲得できます。
ちなみにこのわくわくポイント、2ポイント=1JALマイル換算で移行が可能です。

さてここで、気になるポイントの還元率を、具体例を交えて計算してみましょう。

通常の還元率は、移行基準を無視して100円ベースに弾き直すと0.25マイル、1マイル2円換算で0.5%還元となります。
一方、前年利用実績に応じて還元率が上がるトクトクステージという仕組みがあり、最大では年間250万円以上の利用で2倍、となります。
試しに計算してみると、毎月25万円の利用だとすると、トクトクステージ2倍なら1,250マイル相当、年間で15,000マイル、という感じです。
ちなみにもしコンビニで支払う場合は手数料が毎月315円、年間で3,780円かかりますので、前述の15,000マイルを1マイル2円換算で計算すると、差引利益は年間で26,220円相当となります。

7.Edyチャージ可能

上記の通り還元率はともかく、ポイントも獲得できてしまいます。
なお、それではこのOMC Jiyu!da!カードを使ってEdyにチャージし、請求が来たらそのチャージしたEdyを使ってコンビニで支払をすればいいのでは?と考えた方もいらっしゃるかもしれませんが、これはおそらく規約違反にあたるのではないかと思います。

8.実質年会費完全無料

OMC-ETCカードとセットで申し込むことで年会費を完全無料とすることができます。
申込の際はOMC-ETCカードもセットで申し込むことをオススメします。

9.保険も充実

国内旅行保険等、年会費実質無料のカードらしからぬ付帯保険があります。
保険狙いでのカード作成もありだと思います。

というわけで、OMC Jiyu!da!カード、爆発的にポイントやマイルが獲得できるというわけではないですが、何でもできる非常に使い勝手のいいカードだと思います。
年会費無料かつ今ならキャンペーン中ですし、とりあえず作っておくとそのうち役に立つ、そんな気がします。
オススメです。

☆さらに得するマイレージ情報をblogランキングでチェック
人気blogランキングに参加中。1日1クリックの応援お願いします!

関連リンク
OMC Jiyu!da!カード
OMCのJiyu!da!カード

(money_tec)