こんばんは、ジョージ滝川です。

今回は、先日の記事「毎月分配型投資信託(1)」に引き続き、毎月分配型の投資信託と無分配型の投資信託を比較してみたいと思います。

前回、基準価額が上がっていく局面の実例を元に、投資の効率を考えると無分配型の投資信託の方が優れていると書きましたが、今度は基準価額が下がっていく局面の例で検証してみたいと思います。

さらに得するマイレージ情報をblogランキングでチェック


例えば、10,000円の投資信託を買って、1カ月後に基準価額が11,000円になっていた場合、無分配型の投資信託だと11,000円分の投資信託が手元にあることになります。
一方、毎月分配型の投資信託で、分配金が1,000円だった場合、10,000円分の投資信託と1,000円の現金つまり合計で11,000円分の資産が手元にあることになります。
ここまでは前回に見た例と全く同じです。
毎月分配型の投資信託も無分配型の投資信託も互角ですね。

そして違うのはここからです。
さらに1カ月後、今度は基準価額が下落して10,000円になったとします。
無分配型の投資信託の場合はもちろん10,000円分の投資信託が手元にあることになります。
一方、毎月分配型の投資信託の場合は、10,000×10,000÷11,000-1,000=8,090円分の投資信託と前月および今月にもらった計2,000円の分配金が手元にあることになります。
すると、合計は10,090円なので無分配型の投資信託と比べるとちょっと多くなっています。

この例で分かる通り、毎月分配型の投資信託は、損益を毎月確定していくことでトータルでの損益の振れ幅を小さくする効果があります。
つまり、上昇局面にあっては無分配型と比べると利益の幅を小さくしてしまうけれども、下降局面においては損失の幅を小さくする、という感じです。

将来的に値下がりすると思って投資信託を購入する人はいないと思いますので、個人的にはやはり無分配型の投資信託の方が投資効率では勝っていると思います。
ただし、一方では毎月分配型の投資信託にも、基準価額が下落した際のリスクを削減する効果がありますし、また、それこそ毎月お小遣いのように分配金を受け取るのが嬉しい、など、それなりのメリットはあると思います。

したがって、万人に当てはまる、「こっちが正解」、という選択肢があるわけではなく、個々人の状況や目的で好きなものを選べばよいと思います。

個人的には投資信託の銘柄を選ぶのであれば、無分配型か毎月分配型か、というよりは、手数料はどれくらいか、投資対象は何か、といったあたりの方が重要だと思います。

また機会があれば管理人が保有する投資信託の銘柄についても紹介してみたいと思います。

メールマガジン「週刊マイレージニュースヘッドライン」配信中!
無料購読の申込・解除はこちらから → まぐまぐ melma!

☆さらに得するマイレージ情報をblogランキングでチェック
人気blogランキングに参加中。1日1クリックの応援お願いします!

関連リンク
・投資信託の用語集(社団法人投資信託協会)
ノーロードファンドの選び方

関連記事
・毎月分配型投資信託(1)
・さわかみファンド
・投資信託は買ってもいいのか?
・投資信託の購入手数料を節約するテクニック
・E*TRADE証券
・野村證券
・丸三証券
・ユナイテッドワールド証券

(money_tec)