だいぶ前に書いてあったエントリーなのですが、下書きのままになっていました。
ちょっとタイミング的に微妙なところもありますが、公開してみたいと思います。

エネルギー源は何でも電気!エレクトリック滝川です。
何だかエキセントリックな芸名ですね(笑)。

さて、我が家はオール電化マンションだったりします。
新居での生活はもうすぐ一年一年と少し、といったところですが、はたしてオール電化で光熱費は下がったのでしょうか?

というわけで、滝川家の家計簿をひもといて、計算してみたいと思います。


そもそも、オール電化がお得なのは、深夜電力を使ってお湯を沸かしておくからです。

深夜電力がどれくらいお得かというと、ざっくり言うと、管理人が利用している東京電力の場合、「電化上手(季節別時間帯別電灯)」というプランがあり、我が家でもこのプランを利用しています。

・電化上手(季節別時間帯別電灯)|電気料金・各種お手続き|東京電力

電化上手

簡単に言うと、昼間(10時~17時)、朝晩(7時~10時、17時~23時)、夜間(23時~7時)の3つの時間帯ごとに電気料金が分かれており、1kWhの料金で比較すると、昼間は28.28円(夏季は33.37円)、朝晩は23.13円、そして夜間は9.17円、という料金設定になっています。
33.37÷9.17=3.64倍もの料金差があります。

加えて、オール電化の家は、トータルの電気料金からも、5パーセントの割引が受けられるため、なかなかお得なプランだと言えると思います。

というわけで、滝川家の家計簿をひもといて、計算してみたいと思います。

昨年の7月に子どもが生まれ、以来毎日浴槽で入浴するようになったため、そこから一気に光熱費があがりました(以前はシャワーのみで済ませていました)。
事実、水道使用料が明らかに上昇しています。

オール電化の家に引っ越したのが昨年の4月なので、昨年の5月、6月をオール電化後、一昨年の5月、6月をオール電化前として比較してみたいと思います。

光熱費比較

2009年5月 電気代 5,559円 ガス代 5,520円 合計 11,079円
2009年6月 電気代 6,069円 ガス代 5,362円 合計 11,431円

2010年5月 電気代 8,567円(前年同月比▲2,512円)
2010年6月 電気代 7,375円(前年同月比▲4,056円)

こうやって比較してみると、いい感じで光熱費は減っていますね。
というわけで、オール電化、オススメです。

(追記)
東日本大震災と、それに伴う福島原発の事故の影響で、単純に「オール電化」がオススメ、とは言えない状況になっています。
ただし、一方で、災害時の復旧がガスや水道より早い、というのは電気のメリットだと思いますし、そもそも電気がないとガスや水道だけがあっても生活は困難である、という点では、電気に優位性があるように思っています。
結局のところ、電気を安定的に、そして安全に供給するために、最善の策を模索していく必要がある、ということだと思います。
個人的には、石油を生成する藻で火力発電、というのが実現できれば、と思うのですが、どうなんでしょうか…。

(過去記事)
石油を生成する藻を沖縄で発見!ジェット燃料への活用も?