こんばんは、モバイルSuicaを絶賛愛用中の、オートチャージ滝川@~マイレージ・クレジットカード~ マネーテクニック!です。

さて、モバイルSuicaの会員数が250万人を突破したそうです。

・モバイルSuicaの会員数が
おかげさまで250 万人を突破しました。(pdf)


はっきり言って、モバイルSuicaはめちゃくちゃ便利です。
なので、個人的には、250万人と聞いて、かなり少ないという印象を持ちました。
あくまで個人の感覚ですが、1,000万人とか言われても全然違和感ない感じです。
まぁ、所詮はJR東日本管内、しかも首都圏メインでしか使えないローカル電子マネーだと言ってしまえばそれまでなので、管理人がちょっと過剰に評価しているのかもしれませんが…。
ちなみに、Suica自体の発行枚数は、2011年3月末現在で約3534万枚、うち電子マネー対応カードは2010年9月末現在、約3123万枚だそうです(Wikipediaより)。

ということで、意外と会員数が少ないモバイルSuicaが、現実的に1,000万人単位の利用者を獲得するために必要なものを考えてみました。

さらなるモバイルSuicaの普及 のために必要なもの、それは、「年会費の廃止」だと思います。
現状、モバイルSuicaの年会費は年間1,000円かかります。
VIEWカードなどをモバイルSuica用のクレジットカードとして登録していれば年会費は免除されますが、これが登録するクレジットカードに関わらず無料だったら、間違いなくもっと会員数が増えるでしょう。
これにより、モバイルSuicaの運営側も、決済額に応じた手数料収入が発生するはずですので、メリットはあるように思うのですが…。

かくいう私は、ANA VISA SuicaカードでモバイルSuicaを利用しています。
ANA VISA Suicaカードも年会費がかからないクレジットカードの一つです。
さらに、モバイルSuicaへのチャージでもポイントが貯まるため、ANAマイルへと交換できる、つまり、モバイルSuicaへのチャージでANAマイルが貯まる、というのがたまらない感じの良カードだと思います。

改札を通るたびにオートチャージでチャージされるのは、やみつきになる便利さです。
ANAマイルを貯めている陸マイラーのみなさんは、ぜひ、ANA VISA SuicaカードでモバイルSuicaを利用してみることをオススメします。

(参考になるかもしれない過去記事)
・ANA VISA Suicaカード 新しい入会キャンペーンがスタート:~マイレージ・クレジットカード~ マネーテクニック!
・ANA VISA/MasterカードとANA VISA Suicaカードの2枚持ち考察:~マイレージ・クレジットカード~ マネーテクニック!
・短期集中連載企画 ANAカード徹底比較(2) ANA VISAカード vs ANA VISA Suicaカード:~マイレージ・クレジットカード~ マネーテクニック!
・ANA VISA(Suica)カード改善!ボーナスポイントがマイルに直接移行可能に!:~マイレージ・クレジットカード~ マネーテクニック!
・携帯電話の機種変更時に、モバイルSuicaやEdyの機種変更手続きをし忘れたら:~マイレージ・クレジットカード~ マネーテクニック!