こんばんは、キャシー滝川@~マイレージ・クレジットカード~ マネーテクニック!です。

先日、同じマンションに住むパパ友、ママ友たちとの集まりがありました。
事前に相談して、食べ物はテイクアウトのお寿司と中華料理にすることにしました。
そして、我が家の担当は中華料理ということになりました。


というわけで、当日は雨の降る中近所の中華料理屋に向かいました。

ちなみにその中華料理屋、中国人が経営していて、安くてうまくて量が多いという、なかなかオススメできる店です。

ただし、一点だけ難点を挙げると、お会計が現金のみで、クレジットカードが使えません(笑)。

そして店に向かう途中自分の財布の中を確認すると、なんと、諭吉はおろか、漱石すらもいないという壊滅的状況でした。
しかも運の悪いことに、唯一キャッシュカードが財布に入っていたメイン口座の残高が3,000円(涙)。
いかにリーズナブルな価格といえど、4家族分の腹を満たすだけの料理を買うには少なすぎる額です。
もちろん自宅に帰って別の口座のキャッシュカードを持ってきてもよかったのですが、雨も降っていましたし、一旦家に戻っていては間に合わない時間になっていました。

というわけで、最終兵器、キャッシングをすることにしました。
最初はANA VISAカードを使おうと思ったのですが、コンビニのキャッシュディスペンサーにカードを突っ込んでみたところ、利用可能額が0円でした。
確かに、キャッシングなんて使わないだろうと思っていたので利用枠を0にしたような記憶があります…。
というわけで、最終的に、財布に入っていたみずほマイレージクラブUCカードを利用してキャッシングすることにしました。
手続自体は極めて簡単で、銀行口座から預金を引き出すのと変わりません。

無事1万円をゲットして、中華料理をゲットすることができました。

さて、そうなると気になってくるのはこの1万円をどうやって返済するか、です。
UCカードのWebサイトでシミュレーションをしてみたところ、返済は翌々月の5日の引き落としのタイミングとのことで、一か月分以上の利息がかかると表示されました。

・UCキャッシング1回払いシミュレーション

その額、確か231円。
では、今日のうちに返済してしまえば利子は最小限に抑えられるのでは、と考えました。

キャッシングを利用したのは土曜日だったので、月曜までは返済できないかなぁと思ったのですが、調べてみるとコンビニのATMから返済できるようでした。

・カードキャッシングに関する重要なお知らせ|キャッシング&ローン・保険・医療|クレジットカードはUCカード

というわけで、当日の夜遅くに近所のセブンイレブンにあるセブン銀行のATMに行ってカードを突っ込んでみると、普通に返済可能額10,000円と表示されました。

すぐに返済すれば利息も10,000円×15%×1÷365で5円くらいで済むかな、と思ったのですが、10,000円の返済のためには手数料が105円必要でした。
以前は、手数料がかからないのでATMの時間外手数料を支払うよりもお得、というような売り文句があったような気がしていましたが、手数料がかかるように変わったのかもしれません。

さて、ここで気になるのが手数料を支払ってでも今すぐ返済した方がよいのか、あるいは自動的に引き落とされるまで待った方がいいのか、です。

といっても、231円と110円を比較すれば答えは明らかです。

というわけで、無事返済することができました。
気分的にも、ATMの時間外手数料を払ったと思えばやむなし、というところです。

というわけで、キャッシングは便利ですね。
もちろん、ご利用は計画的に(笑)!

(追記)
先日、利用明細が届きましたが、利息は0円でした!
一方、入金だけでなく、出金でも手数料が105円かかっていたため、結局トータルコストは210円でした。
比較としては、336円と210円、になるということだと思います。