こんばんは、アメリカンホームダイレクトの自動車保険に加入している、
アメリカン滝川@~マイレージ・クレジットカード~ マネーテクニック!です。

さて先日、初めて車のバッテリー上がりというものを経験しました。
自宅マンションの駐車場に車を停めているのですが、
ルームランプをつけっぱなしにしてしまったためです。

実はルームランプを消し忘れてしまったこと自体は以前にもあったのですが、
毎晩警備員の方が見回りをしてくれているため、
翌朝に管理室から連絡があってルームランプを消しに行っていました。

そのため、バッテリーが上がることは回避できていたのですが、
今回は時既に遅し、でした。
電気自体はつくのですが、エンジンはかからない状態になっていました。

DSCN6656
DSCN6656 / contri


というわけで、最初は、
そういえば昔、学生時代にも住んでいた学生寮で誰かの車のバッテリーが上がって
赤と黒のケーブルで隣の車とつないでエンジンかけたなぁ、とか、
でもケーブルがないなぁとか、
そもそも隣の車の持ち主知らないしなぁとか思っていたのですが、
自動車保険のロードサービスがあることを思い出しました。

我が家の自動車保険は、前述の通り、アメリカンホームダイレクトです。
昔ブログで記事を書いたような気がして調べてみたら、
アクサダイレクトでした(笑)。

(過去記事)
・アクサダイレクト

というわけでアメリカンホームダイレクトの
ロードサービス窓口に電話すると
すぐに近所の自動車屋さんを手配してくれました。

15分くらいで近所から自動車屋さんがやってきて、
手持ちのバッテリーっぽいものを使って
うちの車のバッテリーとつないだ後、
エンジンをかけたら無事始動しました。
ものの1分もかかりませんでした。

その後確認サインをして終了です。
もちろんというか、無料です。

他にもいろいろと無料のロードサービスがありましたので、
覚えておくとよいかもしれませんね。

・安心のロードサービス | アメリカンホーム保険会社

というわけで、自動車保険のロードサービス、オススメです。