こんばんは、ガソリン大好き、
ガソリン滝川@~マイレージ・クレジットカード~ マネーテクニック!です。

先日、花粉だか黄砂だかで粉まみれになった愛車に我慢ができず、
近所のガソリンスタンドで洗車をしました。

その時、妻が何かに気づきました。
そう、スピードパスです(笑)。
これで払うとリッターあたり1円引き、と書いてあったので、
妻に勧められて(?)登録してみました。

Parity - US Dollars Not Accepted
Parity – US Dollars Not Accepted / Ian Muttoo


登録は、店内に入って(セルフのスタンドでした)レジで
カードを読み取り、申込書に記入するだけで
ものの3分といったところだったでしょうか。
ただし、登録後、実際に使えるようになるまでは10日程度かかるようです。

さてそもそもスピードパスとは、ですが、
エッソやモービル、ゼネラルといったガソリンスタンドで
支払いに使えるキーホルダー的なモノです。

・スピードパス | エッソ・モービル・ゼネラル(サービスステーション)

というか、見た目は単なるちっちゃいキーホルダー的なモノなのですが、
手持ちのクレジットカードを登録して
非接触型の電子マネーとして使うことができるのです。

正直、電子マネーであればiDとかでもいいんですが、
1円引きならやはりスピードパスを使います(笑)。

ちなみにガソリンスタンドにもよるようですが、
管理人の自宅最寄りのガソリンスタンドの場合、洗車も100円引きになるようです。

加えて、期間限定2円引きのチケットももらって、
さらにメルマガ会員になると3円引き、
出来上がりはリッター6円引きという
なかなかの太っ腹なガソリンスタンドでした。

ANAのマイレージと言えば、基本的にはエネオスが定番ですが、
エッソでもいいかも、と思ってたりします。

(過去記事)
・ENEOS(ANAカードマイルプラス対象)での給油

上の過去記事の事例だと、一般130円(今考えると安いですね…)に対して
実質124.072円、という計算ですが、6円引きの時点で既に124円、
ANAカードの利用で獲得できるマイルは1.664マイルということで
3.328円分お得ですから、出来上がりは120.672円、ということになります。

メルマガ会員の3円引きがなくても互角くらいですね。
家からの距離はエッソの方が近いので、
これからはエッソもちょくちょく使ってみようかと思います(笑)。