こんばんは、コンビニ大好き、
コンビニエンス滝川@マネテク!です。

先日、近所のミニストップにお金を下ろしに行ったところ、
ATMが新しくなっていました。
確か以前はEnetのATMだったと思うのですが、
イオン銀行のATMになっていたのです。

管理人はみずほマイレージクラブの特典で
コンビニATMの手数料が無料になるので、
特に何も考えずに引き出しをしました。

すると、なんと手数料が210円もかかってしまったではありませんか…。

medium_4439467990
photo credit: mjaniec via photopin cc


確認したところ、みずほマイレージクラブの優遇で
手数料が無料になるコンビニATMは、
Enet、ローソン、そしてセブン銀行だそうです。
なんてこったい(笑)。

「コンビニATM(イーネット・ローソン・セブン銀行)利用手数料・時間外手数料無料」の特典(以下略)

しかし、一方で朗報も。
みずほ銀行とイオン銀行が提携するらしく、
2013年12月目処でイオン銀行ATMが自行、
つまりみずほ銀行のATMと同じ扱いになるようです。

当行は 2013 年 12 月を目処としてイオン銀行 ATM を共同利用化し、メガバンクNo.1 の ATM ネットワークを実現します。これにより、イオン銀行 ATM約 3,100 拠点でも、みずほマイレージクラブ会員のみなさまが、お取引状況に応じて、当行ATM と同様に何回でも ATM 手数料を無料でご利用いただけるようになります。

預金を引き出すのがあと数週間後だったら
手数料が無料だったかもしれないと思うと残念ですが、
潔く諦めたいと思います(笑)。

(過去記事)
・みずほ銀行のATM手数料無料/他行向け振込手数料無料の改悪と対策:マネテク!

(参考リンク)
・「OneMIZUHO 使っておトクなキャンペーン」の実施および「みずほマイレージクラブ」のサービス内容変更について