こんばんは、日経新聞大好き、NIKKEI滝川です。

昔銀行で働いていた頃は強制的に日経新聞を取らされていましたが、今はいまいち必要性を感じないので新聞をとっていません。
でもたまに、上司から、「今日の日経に出てたあの件さ~」などと日経新聞の記事について話をふられたりすることがあり、日経新聞読もうかな、と思ったりします。

ただ、やはり毎月4千円くらいの新聞代を払うのはもったいないなぁ、と思うのも事実です。

しかし、日経新聞に掲載されている記事が読める方法を見つけましたので紹介したいと思います。
なお、後述しますが日経電子版(私もフル活用しています!)とは異なりますのでご注意ください。

「日経テレコン21(楽天証券版)」を使う

その方法とは、ズバリ、「日経テレコン21(楽天証券版)」を使うことです。
この「日経テレコン21(楽天証券版)」を使うためには、まず楽天証券に口座を開設することが必要です。
一応条件はあるものの、非常に緩い条件のため、実質的には誰でも無料で日経新聞の記事を読むことができます。

手順1:マーケットスピードに申し込む

具体的な手順を解説します。

楽天証券にログインし、上部のメニューから、「設定・変更」→「取引ツール・有料情報申込」と進みます。
「取引ツール」の中に、「マーケットスピード」がありますので、こちらに申し込みます。

以下のいずれかの条件に当てはまれば、無料で利用できます。
はっきり言って、かなりハードルの低い条件なので、余裕です。

・はじめての利用は、誰でも利用申請から3ヶ月間無料!
・信用口座、先物・オプション取引口座、楽天FX取引口座のいずれかが開設済みなら無料
・預り資産/預り金残高30万円以上なら無料
・過去3カ月に株式の売買等所定の取引実績があれば無料

手順2:マーケットスピードをインストールする

申込が完了したら、ログイン後の画面の右サイドバーを下にたどって行くと、「トレーディングツール」というカテゴリーがあるので、この中の「マーケットスピード」を選択します。
マーケットスピードは、PCにインストールする必要があるので、まずはプログラムをダウンロードしてインストールをします。

手順3:ログインして、たどりつく(笑)

マーケットスピードを立ち上げて、右上のログインボタンから楽天証券のID・パスワードでログインします。

日経テレコン21@ANAマイルの貯め方(1)

上部のメニューから、「ニュース」を選択します。

日経テレコン21@ANAマイルの貯め方(2)

左端のメニューから、「日経テレコン21」を選択します。

日経テレコン21@ANAマイルの貯め方(3)

利用規約に同意するか聞かれますので、同意します。

日経テレコン21@ANAマイルの貯め方(4)

画面上部に「きょうの新聞」というリンクがあるので、クリックします。

日経テレコン21@ANAマイルの貯め方(5)

一面から順番に、日経の朝刊記事が並びます。
あとは気になる記事を選択するだけです。

日経テレコン21@ANAマイルの貯め方(6)

実際に記事を選択した画面がこちらです。
本文がテキスト表示されるほか、右側に実際の紙面イメージのPDFが表示されます。
このPDF、本来は拡大表示したり、新聞をスクラップするイメージで保存できそうなのですが、楽天証券版では機能制限がかかっているのか、PDFを開くことはできないようです。

日経テレコン21@ANAマイルの貯め方(7)

(追記)日経新聞の電子版と同じ機能ではない点に注意

その後、職場が変わったことなども踏まえて日経新聞の電子版を購読し始めました。
そしてよく分かったのは、日経テレコン21と日経新聞電子版は全く違うサービスだということです。
日経新聞電子版はかなりよくできたサービスで、私もPC、iPad、iPhoneでフル活用しています。
月額料金以上の価値があるサービスだと思いますので、日経新聞電子版の申し込みもぜひ検討してみてください。

(関連記事)
・日経新聞の電子版が便利 | パソコンオタクになりたいw

今日のマネテクポイント

楽天証券自体、管理人としてはメインの証券会社として利用していて、毎月コツコツと投資信託を購入しています。
特に投資信託のラインナップの充実度は他の金融機関の追随を許さないレベルです。
投資信託を活用した資産運用にもぜひ挑戦してみてください。

(参考リンク)
・楽天証券