こんばんは、モバイルSuicaを愛用している、モバイル滝川@マネテク!|ANAマイルの貯め方です。

さて、そろそろやめようかどうしようか悩みながらも、結局便利なのでモバイルSuica定期券を更新してしまいました。
あ、いや更新しました(笑)。

パケット代を最小限に抑える手順

例によってパケット代を最小に抑えたかったので、手順をメモしました。
定期券更新の最短手順だと思いますので同じ境遇の方(いないか…(笑))は参考にして下さい。

(操作手順)
「4.定期券購入・変更・払戻」
→パスワードを入力して「モバイルSuicaログイン」
→注意事項を確認して、「1.確認」
→「2.継続購入」
→現在の定期券内容を確認して「1.次へ」
→期間(1ヵ月、3ヵ月、6ヵ月)を選び、「1.確認する」
→購入する内容を確認して、「1.購入する(取消不可)」

ちなみに新規購入の時の手順は過去記事で書いていました。

(過去記事)
・モバイルSuicaで定期券を購入可能な時間帯:マネテク!

抜粋すると、以下の通りです。

(操作手順)
「3 定期券購入」
→パスワードを入力して「モバイルSuicaログイン」
→注意事項を確認して、「1.確認」
→「1.新規購入」
→「1 通勤定期券」

実際に発生したパケット数は、1,069パケット

さて、今回は更新で発生したパケット数も測定してみました。
パケット数は、先日の記事でログイン時のCメール認証を回避する方法をまとめた、auのサイト「auお客さまサポート」で確認できます。

(過去記事)
・au料金のパソコンからの確認時、Cメール認証を回避する方法:マネテク!

発生したパケット数は、更新前のパケット数と更新後のパケット数の差分で算出しています。
インターネット接続等をしてしまうとその分パケット通信が発生してしまうので算出が不可能になりますが、幸いにして私の場合他にパケット通信が発生するような操作をしていませんので、純粋にモバイルSuica定期券の更新で発生したパケット数を把握できているはずです。

前置きが長くなりましたが、今回更新で発生したパケット数は、1,069パケットです。
このパケット数は、私が契約しているプランEシンプルだと1パケットは0.1円なので、1,069パケットは106.9円に相当します。
まぁ半年で受け取っている便益と天秤にかければ、十分元は取っているかな、という印象です。

ちなみに過去記事でも取り上げた通り、1パケットは128バイトなので、1,069パケットは133.625KBに相当します。

(過去記事)
・1パケットは何バイト?いくら?:マネテク!

モバイルSuicaを使っていてよかったと思う時

ちなみにモバイルSuicaでよかったと思う時のナンバーワンは、財布を忘れた時です。
私の場合、財布を忘れることはあっても携帯電話を忘れることは滅多にありません。
意外とSuicaが使える場所が多く、電車にも乗れるのでSuicaがあれば何とかなります。

これで何度か命拾い(というと大袈裟ですが)をしているので、保険と思っている部分もあります。
もし携帯電話を忘れてもiPhoneは忘れないと思うので、一番いいのはiPhoneがモバイルSuicaを入れられるようになってくれることなんですけどね…(笑)。

モバイルSuicaの年会費支払いを回避するにはANA VISA Suicaカード

なお、モバイルSuicaを利用する場合、通常は1,000円の年会費が必要になりますが、ビューカードを登録することでこの年会費が免除されます

そこで、私の場合はANA VISA Suicaカード(ビューカードとして扱われます)を登録しています。
マイ・ペイすリボの登録をしておけば、年会費751円(税抜)で毎年更新時には1,000マイルがもらえますので、持っているだけで得するカードですのでオススメです。

(過去記事)
・ANA VISA/MasterカードとANA VISA Suicaカードの2枚持ち考察:マネテク!

まとめ:モバイルSuica定期券更新のパケット代は106.9円

というわけで、モバイルSuica定期券更新のパケット代は106.9円という結果でした。
個人的には、この程度であればモバイルSuicaを利用する利便性で十分カバーできる印象です。
もちろん前提はモバイルSuicaの年会費支払いを回避するためにANA VISA Suicaカードを選択していることになります。

以上、モバイルSuicaの定期券購入時のパケット代についてでした。