こんばんは、ふるさと納税大好き、ふるさと滝川@マネテク!です。

昨年は、焼津市へのふるさと納税により、iPad mini4を手に入れました。

(参考リンク)
・結局ふるさと納税でiPad mini4を手に入れた件:マネテク!

iPad mini4は妻が使っているので実は私はほとんど触っていないのですが(笑)、
格安SIMのルーターと組み合わせて、かなり便利に使っているようです。

ふるさと納税でのiPadプレゼントが6月末で終了?!

さて、そんな焼津市のふるさと納税は、ふるさと納税のポータルサイト、「ふるさとチョイス」と「ふるなび」から申し込むことができるのですが、先日「ふるさとチョイス」をチェックしていたところ、気になる記載が…。

6月30日をもって、iPad 等の電化製品が付属したお礼品の掲載を終了いたします。

6月30日をもって、iPad 等の電化製品が付属したお礼品の掲載を終了いたします。

なんと、今月末でiPad は受付が終了になるようです。
今のところ、「ふるなび」の方にはそういった記載は見当たりませんでしたが、iPad自体は焼津市の特産品というわけではないので、やはり本来のふるさと納税の趣旨にそぐわないと言うことでそういった判断になったのかもしれません。
となると、「ふるなび」も時間の問題な気もします。

というわけで、自己負担額2,000円でお得にiPad miniやiPad Airなどを入手したい場合は、6月末までに申し込むのがよさそうです。

↓申込はこちらから

自己負担額2,000円で入手可能な年収目安

ちなみに、iPad mini 2 Wi-Fi 16GBを自己負担額2,000円でもらうためには、寄付金額100,000円なので、目安として年収700万円くらい、iPad Air 2 Wi-Fi 64GB、iPad Air 2 16GBを自己負担額2,000円でもらうためには、寄付金額150,000円なので、目安として年収900万円くらい、というイメージです。

なお、上記の目安よりも年収が低い場合でも、例えば自己負担額が20,000円だったとしても普通に購入するよりはだいぶ安く手に入る、ということになるわけなので、一度計算してみるとよいと思います。
目安は、「ふるなび」の「税金控除の目安」から確認できます。

(参考リンク)
・ふるなび

そう言えば、まだ住民税決定通知書をもらってないですね。
昨年のふるさと納税で実際に控除された住民税額がいくらだったか、正確なところを確認そろそろだと思うのですが…。

というわけで、ふるさと納税でiPadを手に入れるのであれば、早めの申込がオススメです!

↓申込はこちらから